言語を選ぶ

Deutsch English (US) Français 简体中文

着信、テキストメッセージ、またはメールやカレンダーイベントを受信したときにPulse HRで通知を受け取りたい場合、通知オプションを有効にできます。

  1. Health Mateアプリを開きます。
  2. デバイスPulse HRに移動します。
  3. 通知をタップします。
    devices-pulsehr-quick-settings.png
  4. 通知を有効にするアプリケーションをタップして、有効にしたい通知を選択します。
    steel-hr-enable-notifs.jpg
  5. 左上隅の戻るボタンをタップして確認します。

Health Mateアプリが携帯電話のバックグラウンドで開いていて、携帯電話の設定で通知が有効になっていることをご確認ください。


iOSユーザー様向けのご注意

  • まず、Health Mateアプリをバックグラウンドで開いて、通知を1つ受け取ってから、Pulse HRでサードパーティのアプリから通知をすべて受け取ることができるようになります。
  • 携帯電話で通知が有効になっていることをご確認ください:«通知を許可»と«履歴に表示»(iOS 11以前のバージョン)または«通知センター»(iOS 12から)は、ウォッチで通知を受け取るために有効にする必要があります。
    notification-center-steelhr.jpg
  • Health Mateアプリで利用可能なサードパーティアプリのリストを確認し、通知を受け取りたいアプリを有効にします。

Androidユーザー様向けのご注意

携帯電話の通知アクセス画面でHealth Mateアプリが有効になっていることをご確認ください。これを行うには、次のステップを行ってください:

  1. パラメータに移動します。
    parameters-android.png
  2. 検索バーの「通知アクセス」をタップして選択します。
    notification-access.png
  3. 特別なアプリアクセス」の下で、「通知アクセス」を再度タップします。
    special-app-access.png
  4. Health Mate用の通知アクセスを有効にします。
    enable-healthmate.png

携帯電話で「通知をオフ」モードが有効になっていないことをご確認ください。このモードが有効になっていると、通知を受け取ることができません。


通知を無効にする

Pulse HRで直接通知を無効にできます。これを行うには、次のステップに従ってください:

  1. ボタンを押して、「通知をオフ」画面が表示されるまで画面を通過させます。
  2. «OFF»が画面に表示されるまで、Pulse HRのボタンを約1秒間押し続けます。
    通知は無効になっています。

Pulse HRで「通知をオフ」画面を無効にすると、ウォッチで通知を受信しなくなります。ただし、サードパーティのアプリはすべて、Health Mateアプリで有効のままです。

通知を再度有効にしたい場合は、«ON»が画面に表示されるまでPulse HRのボタンを押し続けます。

この記事は役に立ちましたか?

Didn't find what you need? Here's how to get in touch.

お問い合わせ
To preserve the Withings Forum as a place of kindness, mutual support, and interest for the products and services provided by Withings, I am committed to:
  • Be courteous and participate in the community with a spirit of friendliness and understanding
  • Respect all users on the forum
  • Avoid controversy or quarrel
  • Ensure that my messages do not infringe on the rights, reputation, image, or privacy of others
  • Avoid any and all discussions which contain insulting or discriminatory comments
  • Abide by the full terms and conditions outlined here